開運!どんどんツキがつく方法
あなたは幸せですか?ツキまくっていますか?このブログではツキを呼んで開運できる方法探っていきます。 コレ読んで「ツイてる」と心から叫びだしたくなるほど幸運に恵まれちゃいましょう

無料レポート配布中!

  魔法の名言集 5分読むだけでコワイくらいツキがつく方法の
無料レポートはこちら


           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

時間について

☆☆さらに幸せになれる情報はこちら☆☆

「1日がもっとあればいいのに」

「やることがありすぎて、時間がない」

こういう風に言ってる人は非常に多いと思います

1日は24時間、1440分、86400秒・・

これはすべての人に等しい数字的単位です

しかし、実際には1日は誰にも等しいわけではなさそうです

あなたの一日は
思っている以上に長い
あなたの一年は
想像よりもたっぷりしている
この一日、この一年を
かわいがってやりなさい


「ほぼ日刊イトイ新聞」で話題になったセフティ・マッチ

氏の「銀の言葉」の中に書かれているものがこれです

1日を「たっぷり」と使える人がいます

逆に1日が「速く」過ぎてしまう人もいます

これはいかに時間を有効に使うかによる差なのだと思います

ですから、1日は誰にとっても同じ長さではないのです

同じ1時間の読書をするのでも

集中して読み込む人と、様々なことに気を取られながら読む人がいます

この2人にとって1時間は同じでしょうか?

得るものの多さを測れば、前者の1時間は遥かに「長い」はずです

私たちが1日を「たっぷり」と使うための秘訣は

時間をかわいがってあげることです

「かわいがる」とはせっかくやってきてくれる時間を大切に思い

効率よくしていくことだと思うのです

その日にやるべきことを絞り込み、それに集中すること

やらなくても済むことは捨ててしまうこと

多くのものを抱え込みすぎることが良いと思うかもしれませんが

これは時間を浪費してしまう原因になってしまいます

その事は今日1日にとって本当に「必要」ですか?

自分の1日を見つめ直してみませんか?

時間は貴重なものです

1日、1年がたっぷりとしていることを認識して

有意義な過ごし方をしましょう!


みなさんに読んでいただいたことに感謝いたします!

みなさんにたくさんのツキが訪れますように!


この記事が気に入っていただけましたでしょうか?
人気ブログランキングに参加しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
応援クリックをお願いいたします
ありがとうございます!
おひとりおひとりのクリックが励みになっております!

☆一人で苦しまないで、あなたの悩みを悩み解決サークルで打ち明けませんか?☆






スポンサーサイト




  1. 2005/07/18(月) 11:14:45|
  2. 名言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

  

コメント

こんばんは!
私も、時間がもっとあればなとかんがえてます。
時間をかわいがってあげるという言葉、素敵ですね。
時間は必ず過ぎて行きますから、かわいがる事でよりよい時間をすごせそうです。
時間も仲間になってくれるかなぁ~
  1. 2005/07/19(火) 00:16:42 |
  2. URL |
  3. 夢実現サポーター☆小井沼克彦 #-
  4. [ 編集]

最上さん、いつもコメントありがとうございます。
吉川です。

「時間をかわいがる」つまり今を大事に
生きるってことが、充実した人生には必要だ
って思います。
気の散ることの多い私ですが、気をつけますね。
ありがとうございます!
  1. 2005/07/20(水) 01:24:35 |
  2. URL |
  3. 吉川正弘 #-
  4. [ 編集]

参考になりました。

なんかいい感じで刺激になりました。

時間について解り易く解説されていて、
改めて時間に感謝!です。

いい情報、ありがとうございました!


nakasima(ビジネス超濃縮ビタミン)

  1. 2005/07/23(土) 12:38:09 |
  2. URL |
  3. nakasima #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://msaijou.blog10.fc2.com/tb.php/124-3142351a
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。