開運!どんどんツキがつく方法
あなたは幸せですか?ツキまくっていますか?このブログではツキを呼んで開運できる方法探っていきます。 コレ読んで「ツイてる」と心から叫びだしたくなるほど幸運に恵まれちゃいましょう

無料レポート配布中!

  魔法の名言集 5分読むだけでコワイくらいツキがつく方法の
無料レポートはこちら


           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

積み重ね

☆☆さらに幸せになれる情報はこちら☆☆

少年が野球を始めたのは小学4年の時だった

毎日のようにバッティングセンターに通い

飽くことなくマシーンのボールを打ち込んでいた

最初は打てなかった120キロの速球が

中学になる頃には物足りなくなっていた・・

彼は特注の強化バネで球速を130キロに上げてもらったが

これもクリアしてしまい、いつしか正規の位置より

前方に立って打つようになった

高校に入ると「センター前ヒットならいつでも打てる」

そう豪語するまでに彼はなっていた

しかし、そこでも彼は一日たりとも練習を怠ることがなかった

プロに入り、彼は苦渋を味わう

彼のフォームを監督が嫌い、矯正しようとしたのだ・・

彼がそれを拒んだことで2軍生活を強いられたのだ

しかし、彼は自分のやるべきことを淡々とこなしていく

何故なら、今までの積み重ねから彼には

それが「正しい」という確固たる自信があったらから

監督が変わり、彼の才能は一気に開花していく

様々な伝説を今でも作り続ける男・・

イチローの若き頃の逸話です

今自分にできること
頑張ればできそうなこと
そういうことを積み重ねていかないと
遠くの目標は近づいてこない


そのイチローはこう語っています

「天才」の名を欲しいままにする彼を支えているのは

日々の小さな積み重ねなのです

今すぐできることをやる・・

それができたら、今度は頑張ればできそうなことに取り組む

私たちは往々にしてこれができません

遠くの目標や願望はみな持っています

しかし、それを為すために今やることをやれる人は少ないのです

愚直なまでに、やるべきことをこなしていく

それができる人のみが、目標を達成していくことができるのです

誰でも今やるべきことはあります

そこから初めて行こうではありませんか

焦ることはありません

コツコツとそれをこなしていけば良いのです

それをやり遂げる力をあなたは必ず持っているのですから


みなさんに読んでいただいたことに感謝いたします!

みなさんにたくさんのツキが訪れますように!


この記事が気に入っていただけましたでしょうか?
人気ブログランキングに参加しています
1クリックで1ポイントが加算されるシステムです
おひとりおひとりのクリックが励みになります!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
応援クリックをお願いいたします
ありがとうございます!






スポンサーサイト




  1. 2005/08/16(火) 08:47:20|
  2. 名言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

  

コメント

いいお話ですね

はじめまして。Eriです。
このイチローの話、とってもとっても素敵ですね。私は2年前からマラソンをはじめた市民ランナーですが、まさにマラソンも継続は力なりでゴルフのホールインワンと違い、コツコツ努力を重ねた結果、速く走れるようになるんです。

いつも感動をいただいております。
ありがとうございます!
  1. 2005/08/18(木) 22:57:50 |
  2. URL |
  3. Eri #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://msaijou.blog10.fc2.com/tb.php/153-12246dd4
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。